2010年04月05日

クリーデンスクリアウォーターリバイバル「Pendulum」



クリーデンスクリアウォーターリバイバル「Pendulum」

1970年の6作目、全米5位晴れ

噛んでしまいそうなバンド名ですふらふら「長い名前は略しましょう」ってことで「CCR(シーシーアール)ひらめき」こちらの呼び方のほうが一般的でしょう。

当時、ほかにも「ブラッド・スウェット&ティアーズ」は「BST」、「エマーソン・レイク&パーマー」は「ELP」、「横山ホットブラザーズ」は「YHB」(関西人限定ですバッド(下向き矢印))「宮川左近ショウ」は「MSS」(もうええパンチ)

ジョン・フォガティ独特の搾り出すようにシャウトするヴォーカルで数多くのヒットシングルを生みましたるんるん

カントリーあり、ブルースあり、でもやっぱりロックンロール手(チョキ)

日本では、4曲目の全米8位シングル「Have you ever seen the rain?(雨雨を見た目かい)」が有名でしょうか。

私のまわりのロック通は「この曲は反戦歌で『雨』はベトナム戦争での爆撃爆弾の『雨』を意味してるのじゃ。軽く聴き流してはいけない」とリキんでました。

でもジョン・フォガティが「雨に打たれるようにバンドが解散の危機をむかえている...もうやだ〜(悲しい顔)」ことを嘆いてつくったとの説も(どっちやねん)

短い活動期間でしたが、ロック史上にきわめて重要な足跡足を残したグループです雷

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 ↑ クリックよろしくお願いします
この記事へのコメント
はじめまして。
今日ふとCCRの「きみは雨が…」をギターで弾いてみたい気分になり、YouTubeから耳コピしてみました。わたくしも前々からこの歌がどんな意味か気になってました。特に2番の歌詞がどうもハッキリしません。そこで海外のlyricsサイトなどを訪ねて、納得のいくのを探してみましたが、どうもしっくり来るのがありません。暫定的ですが、こうではないか? というのがコレです。
Yesterday and days before
Sun is cold and rain is hot.
I know, 's been that way for whole my time.
You'll forever come and go
Thro' the circle fast and slow.
I know. It can't stop, I wonder.
昨日もそうだったし、その前にも何回かあったんだけど、/太陽が冷たくて雨が熱いんだ。/わかってるよ、ぼくの人生いつもそうなんだ。/みんな永遠に行ったり来たりさ、/堂々巡りで、時には速く時にはゆっくりとね。/わかってるけど、どうしようもないんだ、意外とね。
わたくしの聞き取りが当たっているとすると、個人的なつまずきについて思い巡らしている歌のようです。家族内のこととか友情や恋愛について…。閉塞的な社会状況、つまり戦争や徴兵制に言及した歌とも取れるのでしょうか?
ちなみに、こう歌っているのは、CCR本家本元のJohn Fogertyさんだけのようです。Rod Stewartさんは'Till forever on it goesとわかったような、わからないような歌詞で叫んでいるようです。中にはSun is cold and rain is hard「太陽は冷たい」のに「雨はドシャ降り」と妙に後者だけ平凡な歌詞でうたっている人もいます。LPやCDの歌詞の間違いを「糾弾」したサイトも見かけました。ですが、それは日本の専売特許ではなく、グローバルなものなのかもしれません。
作詞家の意図する歌詞については、できればネイティブにも確かめなければ、と思ってます。長々と書かせてもらってすみません。これからちょくちょく立ち寄らせてもらうかもしれません。よろしくお願いします。
Posted by もっく at 2010年04月11日 21:56
はじめまして。
大変貴重な、またご丁寧なコメントをいただき、ありがとうございます。
勉強になります。
是非、またお立ち寄りくださって、ご意見等書き込みいただければ、嬉しく思います。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by Friends. at 2010年04月11日 22:49
この歌の日本版を中川イサトがギター・インストゥルーメンタルで弾いてます。それをコピーしている人がYouTubeにいます。
http://www.youtube.com/watch?v=uDHem0pLoP4
曲名は「きつねの嫁入り」なんですが…。ちょっとスベってますか?
Posted by もっく at 2010年04月11日 23:26
この方、メチャクチャ上手いですね。
いやいや、スベってません。
ありがとうございます。
Posted by Friends. at 2010年04月11日 23:57
やっとネイティブに確認が取れました。この前書いたとおりで大体よかったようです。一ヶ所"whole my life"は、正しくは"all my life"だそうです。息を吐くように「オール」と言っているので、「ホール」に聞こえました。ロッド・スチュワートも多くのウェブ・サイトも、どうもいい加減なままで突っ走ってしまっているようです。ちなみに、協力してくれた彼はニューヨーカーです。
でも、意味を聞くのを忘れました。社会的な意味か、個人的な意味か? また宿題が残ってしまいました。
CSNもジャクソン・ブラウンも好きなので、耳コピして歌ってみたい! と思ってます。また歌詞がわかったら投稿させてもらってよろしいか?
Posted by もっく at 2010年04月23日 22:44
いつもありがとうございます。
丁寧で貴重なコメント、感謝いたします。
wholeとallの聞き分け、私には絶対ムリです。
CSN、ジャクソン・ブラウンいいですね。
是非また投稿して下さい。大歓迎です。
弾き語りをYou TubeへUPされたら、お教え下さい。
Posted by Friends. at 2010年04月23日 23:53
勝手なことを書かせてもらって、寛大なお言葉をありがとうございます。弾き語りのYouTubeへのアップですか? そんな晴れがましい! ことは考えてもみませんでした。こうやってブログにコメントさせてもらっているのが関の山です、私には。
"all"の発音ですが、ネイティブも「確かに"whole"のように聞こえる」と言ってました。「でも、ここは"all"だ」と言うのです。聞き取り以外の英語圏の常識力(?)とかネイティブの勘とかが関係しているようです、どうも。
スタンダード(?)と化したヒット・ナンバーなら、せめて歌詞の意味丸ごと楽しみたい、という単純な思いからやってます。またニューヨーカーの彼に会います。それまでに質問を整理して、はっきりしたことがあればご報告いたします。では、では。
Posted by もっく at 2010年04月24日 11:13
いつもありがとうございます。
「曲を歌詞の意味丸ごと楽しみたい」というお考えには大賛成です。
もっくさんはブログは書かれないんですか?もし、お持ちでしたらアドレス教えてくださいね。
ブログランキングを見てると、ポップスの和訳一筋みたいなおもしろいブログ書かれてる方もおられるみたいですね。
Posted by Friends. at 2010年04月24日 17:59
メカど音痴につき、ブログの開設し方が分かりません! 耳コピをしては、ギターで試しているアナログ人間です…。さっきまで"I wanna know! Have you ever seen the rain..."とか、わめいてました。今もひざの上に楽器を載せたままです。
アコギを少しかじる程度のわたくしとちがい、いろんな分野にお詳しいようで。なんとなく、失われた(?)青春を追体験させてもらっている気分です。今後もこのブログの展開が楽しみです。
Posted by もっく at 2010年04月24日 21:51
いつもありがとうございます。
「雨を見たかい」をアコギで...いいですね。
私はピアノを多少かじりまして、さきほど「アカシアの雨がやむとき」を弾き語り、家内に「やかましわっ!」とののしられてたとこです(歌謡曲大好きなんです)
所有CDはクラシック6洋楽3邦楽1の割合なんで今後の展開はムチャクチャになると思いますが、お付き合いのほど、メゲずにどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by Friends. at 2010年04月24日 22:50
大人の隠れ家。無制限生撮りOK(人・ω・)→ http://b8y.in/
Posted by あつこ at 2012年08月05日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。