2010年07月09日

アート・ガーファンクル「Scissors cut」



アート・ガーファンクル「Scissors Cut(シザーズ・カット〜北風のラストレター)」

1981年発表のソロ5作目手(パー)日本では4曲目の「Hang on in(北風のラストレター)」が大ヒットしました(まるで「筒見京平作曲?!」と疑ってしまうような歌謡曲風のアレですね)

タキシードに蝶ネクタイでおすまししてジャケットに収まったアート君(引っ越しのお兄さんではない)と、裏面は口元から胸元だけの女性の(顔が写ってない)写真...

不思議だなぁと思いながらも、いつも通りうっとりハートたち(複数ハート)聴いていて、大変なことを思い出しましたふらふら

2年間付き合ってたアート・ガーファンクルの恋人、ローリー・バード(女優)の自殺直後もうやだ〜(悲しい顔)の作品だったんですね...

裏ジャケットの写真はまさしくその恋人、そして小さく「バードへ、君に捧げる」と書かれてます。「ローリー・バードは僕の生涯で最高の人だった」ともコメントしています。

深い悲しみの底で、亡き恋人を想い全身全霊を込めて歌う彼の声は、ある種の迫力を持って聴く人の心に突き刺さります雷

2曲目の「A heart in New York(ハート・イン・ニューヨーク)」が、シングル・カット。残念ながらヒットには至りませんでしたが、彼の故郷を歌った賛歌...

愛する人のそばで、ずっと一緒に暮らせたらどんなに幸せだったことでしょう。

非常に個人的なイメージのアルバムのようですが、決して「一緒に泣いて下さい」といったものではなく、アート・ガーファンクルのシンガーカラオケとしてのひたむきな思い、心の叫び、愛への信念が感動的に伝わって来る素晴らしい作品ですぴかぴか(新しい)

↓ クリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村
posted by Friends. at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アート・ガーファンクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この曲、S&Gのどのアルバムに入ってるんだろう? とずっと思ってました。
ガーファンクル単独のアルバムに入っていたんですか。
いい曲ですね、しみじみと。
聞きほれてしまいます。
知りませんでした、S&Gを解散してからの彼のこと、ちっとも。
ジャクソン・ブラウンと似た衝撃! 経験をしていたのですね。
大阪のたこ焼きドームにS&Gを聞きに行ったときには、ただ普通に成功した幸せな歌手だと思ってました。
Posted by もっく at 2010年07月09日 21:54
いつもありがとうございます。
もともと才能のあるシンガーが色々な体験を通し、さらに深みを増す...本当に「天使の歌声」ですね。
Posted by Friends. at 2010年07月09日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155792952

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。