2010年07月12日

アート・ガーファンクル「Lefty」



アート・ガーファンクル「Lefty(レフティ)」

1988年の6作目雷私は個人的に彼の最高傑作だと(勝手に)決めております手(チョキ)

前作「Scissors cut」から、なんと7年!「ビジネスのために短期間で新作を出すより、本当にいいものを作りたいから、何年かかってもかまわない手(グー)」とコメントされてます。

ただ、その間1986年にクリスマスアルバムが出ています雪

これがまたアナタ、おなじみのクリスマスソングをただ歌いまくるパターンではなく、全曲ジミー・ウェッブの「新曲」、演奏はロンドン・フィル演劇コーラスにキングス・カレッジ・スクール聖歌隊という気合の入れ方グッド(上向き矢印)(J.S.バッハのカンタータを聴いてるような気分になる超名盤ですムード)

完全主義者と言うのでしょうか...(普通のオッサンなら「ガンコやのぅパンチ」で終わりますけどね)

今回は作家陣が増えました。スティーブン・ビショップやケニー・ランキン、そして1曲目「This is the moment(ディス・イズ・ザ・モーメント)」でついにデヴィッド・フォスターハートたち(複数ハート)レイ・パーカー・Jr.も手伝ってるってことで「絶対いい曲に決まってるやん!」と思って聴いたらナントどんっ(衝撃)「メチャメチャいい曲でした(普通かいっ!)」

さらにお見事な3曲のカバー。特にパーシー・スレッジの「男が女を愛する時」とザ・タイムズの「ソー・マッチ・イン・ラヴ」黒ハート

「気品」「上品」という言葉はこの人のヴォーカルのためにあるのか...と思ってしまいますぴかぴか(新しい)(「甲子園は清原のためにあるのかっ!」みたいになってしもた)

↓ クリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村
posted by Friends. at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アート・ガーファンクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155991315

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。