2010年02月01日

アトランタリズムセクション



アトランタリズムセクション。

79年の「アンダードッグ」。

サザンロックとして知られてるようですが、個人的には、このアルバムを聴いてる限り、「都会的」だと思います。

名前やジャケットからして、いかにも「よっ、田舎の人ね」みたいですが、「いいえ、実は街育ちなんです」って角度から攻めれば、間違いなくもっと売れたと思います。

歌も演奏もうまく、なにより曲が美しいハートたち(複数ハート)

「Do it or die」「Indigo passion」なんか、涙たらーっ(汗)なくして聴けませんよアナタ。

それもそのはず、前身はクラシックスW、「トレイセス(恋の足あと)」など、美しいバラードを数多く生んだバンドだったんですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。