2010年03月01日

チャック・ベリー「Roll over beethoven」



チャック・ベリー。

昨日のベン・フォールズ・ファイブから、さかのぼること40年以上。

オヤジ自身もあきれております。でも、アルファベット順にならべたCDラックで、ベン・フォールズ・ファイブの次にあったんだから仕方ない!(何を開きなおっとんねんむかっ(怒り)

アルバム・タイトルは「Roll over beethoven」。

どうやって手に入れたか覚えてません。ジャケットにMade in Swedenと書かれています。不安感満点です。一応シングルヒットばかり17曲入ってます。

1950年代のロックンロール雷よく聴きますが特にこの人「ダック・ウォーク」込みで大好きです。

シールドコードそのままアンプに突っ込んで「えっ?エフェクター?何じゃそら、あんっexclamation&question」って感じがたまりません。(年代的に仕方ないんでしょうけど)

「このギターのイントロ一発あれば、ほかの何十曲にでも使えるぜ!」っていう感じの「Roll over beethoven」

クラシックもこよなく愛するオヤジとしては、ベートーベンとついでにチャイコフスキーもブッ飛ばされることがツラいんですが、いい曲だから、がまんしますふらふら

この人がいなければロックンロールはどうなっていたか、ビートルズはどうなっていたか...その功績は素晴らしいと思います。(大げさでしょうか?)

「Johnny B.goode」超名曲ですね。

読み書きのできないド田舎の少年が、ギターを弾いたらメチャクチャ凄い...これぞまさしくロックンロール手(チョキ)

聴いてるとオヤジいっしょに叫んでしまいます。

「行けっダッシュ(走り出すさま)ジョニーダッシュ(走り出すさま)行け―――――――っダッシュ(走り出すさま)

posted by Friends. at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | チャック・ベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。