2010年03月07日

ボストン「Don't look back」



破壊的雷メジャーバンド、ボストン。

実質、トム・ショルツのソロ・プロジェクトと言うべきでしょうか。(アホの私はずっとトム・シルツと思ってました)

1976年の最初のアルバムが驚異的ひらめきセールスを記録、2年後発表された「Don't look back」

何でも極限を追求するトム・ショルツ、ミックスダウンに1年以上かけたとかexclamation

大洪水のように押し寄せる、ギターの完璧なアンサンブルにのみこまれて、気がつけば宇宙の彼方へって感じです(邦題「新惑星着陸」とはようゆうた!)

オヤジ、勝手に「ギター版ウォール・オブ・サウンド」と名づけております。フィル・スペクターが「えっexclamation&questionこんなんあったんですかっ」と言ったそうです(いや、言ったことにしましょう。して下さい。)

このあと、完全主義のトム・ショルツは自宅スタジオに引きこもり(そら、たまには外出もしたでしょうが)なんと8年後に3枚目のアルバムを発表しましたね。

4枚目のアルバムがまた8年後。5枚目もまた8年後。このパターンで考えると、2010年の今年は6枚目のニューアルバムってことになるんですが...

マサチューセッツ工科大卒で、特許製品を開発したり、まぁこんな凄い人にはオヤジついていけません(いけるかっパンチ

評論家は「アメリカン・プログレ・ハード」と位置づけているようですが、そんな次元をはるかにこえたアルバムだと思います。

posted by Friends. at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ボストン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。