2010年07月15日

デヴィッド・ゲイツ「Goodbye girl」



デヴィッド・ゲイツ「Goodbye girl」

超名曲「If(イフ)」でおなじみのブレッドを率いた彼の、ソロ3作目(1978年)雷

前回のアート・ガーファンクルとは「グループでもメジャーでしたがソロアルバムも出してます」つながりですねわーい(嬉しい顔)

...それがどうしたっパンチと突っ込まれると...何もありませんふらふら

この「Goodbye girl」は、1977年の同名映画のタイトルソングです映画主演のリチャード・ドレイファスはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞しました手(チョキ)

「それ誰やねん」とおっしゃる方は、テレビドラマ「ベン・ケーシー」「奥様は魔女」を思い出してくださいグッド(上向き矢印)

...ん?わからない?古すぎる?...では超メジャー映画「ジョーズ」...何?もうええっ?ごめんねオッサンでもうやだ〜(悲しい顔)

デヴィッド・ゲイツですから、当然いい曲ばかりのアルバムですが、途中から「アレッ?」ってなります。

全12曲の内、1作目「First」(1973年)から4曲、2作目「Never let her go(誓いの明日)」(1975年)から2曲拝借しておられます(正味6曲のミニアルバムやん)

映画といっしょに「とりあえず出しておきましょう」といったところが真相のようです。

デヴィッド・ゲイツさん、ヤル時はヤリますが、ヌク時はヌカれるんですね。まぁ、彼だから許します。そして有り難く聴かせていただきますハートたち(複数ハート)

↓ クリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村
posted by Friends. at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

ブレッド「Baby I'm A want you」



ブレッドの4枚目のアルバム、1972年の「Baby I'm A want you」を聴きました。

間違いなく彼らの最高傑作だと思いますぴかぴか(新しい)

センスの良い軽快なポップスと、得意のバラード黒ハートが行儀よくならんでます。

感動的なのはやはり、シングルヒットの「Baby I'm A want you(愛の別れ道)」

ただ当時疑問がありました。

タイトルが、英文法上おかしくはないか?「Baby, I want you」でいいのでは...

自称「英語はまかせろ」の友人が「ベイビー、私はあなたが欲しいAという者でございます」と訳してました。(直訳かっパンチ

強調形でしょうか?(アホ全開になるのでやめときますもうやだ〜(悲しい顔)

昔ハワイへ行った時、空港からホテルへ向かうバスのなかでこの曲が流れました。

サビのところで現地の運転手のお兄さんが、いきなり流暢な英語で(そらそやろ)いっしょに歌いだしましたるんるん

「外国へ来たんやなぁ〜」と感動しました(たかがハワイ程度で大げさな表現すみませんバッド(下向き矢印)

思わず「おっ、君、ブレッドを知ってるのかね?わーい(嬉しい顔)」と話しかけそうになりました(逆やっどんっ(衝撃)

 ↑ 今日の動画はR指定はありません。

posted by Friends. at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブレッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。