2010年03月17日

キャプテン&テニール「Love will keep us together」



キャプテン&テニール。ダリル・ドラゴン(愛称キャプテン)と、トニ・テニールの男女デュオです。

結成のきっかけは、エルトン・ジョンの名曲「Don't let the sun go down on me(僕の瞳に小さな太陽晴れ)」のコーラスにトニ・テニールが参加、ダリル・ドラゴンがそのアレンジを担当したことるんるん

また、ビーチボーイズのツアーメンバーでもあったダリルが、トニ・テニールにも参加するよう誘ったこと(下心ありでしょうか?すみません想像がオッサンでバッド(下向き矢印)

意気投合した二人は、1975年に最初のアルバムを発表、2枚目のシングル(アルバムタイトル「Love will keep us together」同名曲)が全米1位ぴかぴか(新しい)

さらにこの曲がヒットチャートを急上昇中グッド(上向き矢印)結婚揺れるハート

まぁ〜ジャケットの写真といい、コンサートの雰囲気といい、「これ以上仲の良い夫婦はこの世に存在するのかっ!」ってくらいです黒ハート

曲の邦題は「愛ある限りムード」わかった。おじさんもう何も言わん。君らの好きなようにしなさいハートたち(複数ハート)

でも、思えばこのパターンはYMOの坂本龍一教授がツアーメンバーに矢野顕子を誘い、そのまま結婚したのと同じですね(こっちは多少ドロッとしてますが)

天才ニール・セダカ作のこの曲は、良質ポップスの要素をすべてふくんだ完璧な出来だと思います。

オヤジは「ポップス史上名曲ベスト10」のうちの1曲と、勝手に決めてます。

posted by Friends. at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | キャプテン&テニール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。