2010年03月31日

エディ・コクラン「Summertime blues」



アルファベット順にCDを並べてると、こうなりますねわーい(嬉しい顔)年代ムチャクチャむかっ(怒り)

「Memorial album」と題された東芝EMI1993年編集のベスト・アルバムるんるん

思いっきり「MONO」って書いてあります(わかってますけどっ)

ベストですから全曲いいんですが中でもベストソングは「Summertime blues」ひらめきと勝手に決めてます。1958年全米8位のヒット。さすがにオヤジ(私)まだ生まれてません。ザ・フーのカバーがおなじみでしょうか。

この曲、不思議なのは目メロディーもアレンジもすごくシンプルなのに、何とも表現しにくいどエライ迫力爆弾があることです。

エコーぴかぴか(新しい)がかかったヴォーカル(かなりうまいっ!)やギター(メチャメチャうまいっ!)が、グルーブしまくってます。

プレスリーとはまたちがった、彼独特の世界ですね。

残念なのは、このヒットの2年後の事故死どんっ(衝撃)車(セダン)

わずか21年の生涯、まさにロックンロールとともに駆け抜けました雷

「Summertime blues」は聴く人に生きてゆく勇気を与えてくれる名曲です。

そしてまた涙を誘います。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 ↑ クリックよろしくお願いします
posted by Friends. at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エディ・コクラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。