2010年04月05日

クリーデンスクリアウォーターリバイバル「Pendulum」



クリーデンスクリアウォーターリバイバル「Pendulum」

1970年の6作目、全米5位晴れ

噛んでしまいそうなバンド名ですふらふら「長い名前は略しましょう」ってことで「CCR(シーシーアール)ひらめき」こちらの呼び方のほうが一般的でしょう。

当時、ほかにも「ブラッド・スウェット&ティアーズ」は「BST」、「エマーソン・レイク&パーマー」は「ELP」、「横山ホットブラザーズ」は「YHB」(関西人限定ですバッド(下向き矢印))「宮川左近ショウ」は「MSS」(もうええパンチ)

ジョン・フォガティ独特の搾り出すようにシャウトするヴォーカルで数多くのヒットシングルを生みましたるんるん

カントリーあり、ブルースあり、でもやっぱりロックンロール手(チョキ)

日本では、4曲目の全米8位シングル「Have you ever seen the rain?(雨雨を見た目かい)」が有名でしょうか。

私のまわりのロック通は「この曲は反戦歌で『雨』はベトナム戦争での爆撃爆弾の『雨』を意味してるのじゃ。軽く聴き流してはいけない」とリキんでました。

でもジョン・フォガティが「雨に打たれるようにバンドが解散の危機をむかえている...もうやだ〜(悲しい顔)」ことを嘆いてつくったとの説も(どっちやねん)

短い活動期間でしたが、ロック史上にきわめて重要な足跡足を残したグループです雷

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

 ↑ クリックよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。