2010年06月26日

コニー・フランシス「The best!」



連続でコニー・フランシスでございます黒ハート

素晴らしいヒット曲ばかりの中で、この「Too many rules(大人になりたい)」はどうしても誰かに伝えたくなるような名曲です晴れ(個人的にですけど)

1961年全米72位と、セールス的には今ひとつ(ふたつ、みっつ?)なんですが...手(チョキ)

本人の日本語ヴァージョンもよかったですが、伊東ゆかり、小泉今日子、後藤久美子のカバーもなかなかよろしいグッド(上向き矢印)

訳詩はおなじみ、漣健児さん...この方、さすがですね手(パー)

夜遅くに帰ると ママからお目玉 
いつも10時に寝るの それがきまりよ 
Too many rules はやく大人になりたい 
お星様にこう祈るの だけど Too many rules 

ほぼ、原詩に忠実な訳のようですが、サビの「はやく大人になりたい」ってところが素晴らしい雷

ポニーテールの16才の女の子の切ない想いが痛いほど伝わって来るじゃありませんかアナタ!

なんでポニーテール?なんで16才?ってですか?なんか、そんな感じしますやん!私が決めましたわーい(嬉しい顔)

これぞポップス、これぞロックンロール(何を興奮しとんねん)

詞、曲、アレンジ、ヴォーカル...圧倒的な総合力の勝利がわずか2分あまりに凝縮されてます。

文部科学省は「翼を下さい」の代わりにこの曲を音楽の教科書に採用しましょう。少年少女に本当の「音楽」を伝えるためにるんるん

↓ クリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村
posted by Friends. at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コニー・フランシス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

コニー・フランシス「The best!」



フォートップスに続きまして、何の脈絡もないコニー・フランシスでございます(Fではじまるお名前という接点のみ)

好きなんだから仕方ない!(「お前は何でもありかっ目」のツッコミ、ありがとうございます)

1991年日本編集の「The best!」がCDラックにありました。文字通り20曲入りのおなかいっぱいアルバムです手(パー)

ライナーを読みますと「本名はコンセッタ・ローズマリー・フランコネロ」だそうです(「続・荒野の用心棒」を思い出された方、還暦近いですわーい(嬉しい顔))

さらに「子供の頃からテレビ・ショーで活躍、16才でデビュー(野口五郎ですな)当初はヒットに恵まれずもうやだ〜(悲しい顔)引退をかけた最後の一曲『フーズ・ソーリー・ナウ』が全米4位雷彼女の人生を変えました(五木ひろしですな)」と書かれてます ← この一連のくだりが理解できる方も還暦近いですわーい(嬉しい顔)

日本ではやはり「Pretty little baby(可愛いベイビー)」や「Vacation(ヴァケイション)」が有名だと思いますが、私のおすすめは「Where the boys are」(1961年全米4位)グッド(上向き矢印)

漣健児さんの素晴らしい和訳詩のヴァージョンもありました。タイトルが「ボーイ・ハント」exclamationってのもたまりません...

日本女性はいつ頃から「ボーイ・ハント」しなくなったのでしょうか(どうでもええやん)

「めぐり合えるその日を 静かに待ちましょう」と朗々と歌われると、オッサンはうっとりしますねぇハートたち(複数ハート)タイトルとのギャップを多少感じますが、いいんです。

あまりに美しいメロディー、クレジット見たら「作・ニール・セダカ」でした手(チョキ)やっぱりね!名曲は時代が変わっても色褪せませんぴかぴか(新しい)

↓ クリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村
posted by Friends. at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | コニー・フランシス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。