2010年06月28日

マイケル・フランクス「Sleeping gypsy」



マイケル・フランクス「Sleeping gypsy(スリーピング・ジプシー)」

1977年の3作目。傑作中の傑作、彼の代表作ですね雷

久しぶりに聴き耳「いいねぇ...黒ハート」と思いながらライナー読んで爆笑しましたわーい(嬉しい顔)

「解説」ってタイトルで前半はプロのライター、後半はあの「ムッシュ」かまやつひろし氏が語っておられます。

基本は二人とも同じ内容で「新しいタイプのシンガーソングライター」とか「基礎が出来上がっている」とか「音楽のあらゆる要素をとり入れている...」と絶賛されてますハートたち(複数ハート)

がっ!大きく対立するのは彼のヴォーカルカラオケについてのコメント。

ライターさんは「彼の唯一の欠点バッド(下向き矢印)ヘタバッド(下向き矢印)単調バッド(下向き矢印)」とこき下ろし、とどめに「これからは自分自身で歌わないほうが良いバッド(下向き矢印)彼も認識しているハズむかっ(怒り)」と散々ですもうやだ〜(悲しい顔)

「ムッシュ」かまやつ氏は「ヴォーカルに味があるグッド(上向き矢印)ヘタだと言う人がいるけどソイツは死ね!!パンチ」...ライターさん、アナタ、ムッシュかまやつに殺されますよがく〜(落胆した顔)

しかし、こんなライナー、レコード会社も平気でつけたらダメです。

私としては、かまやつ氏に1票入れます手(チョキ)「ささやきヴォーカル」と呼ばれたりしてますが、ホント、味がありますね。

美しい曲、完成度の高いアレンジ、ジョー・サンプル、ウィルトン・フェルダー、ラリー・カールトン、デヴィッド・サンボーン、マイケル・ブレッカーと「そのスジ」のミュージシャンがバックをつとめ、「大人の音楽やねぇ...ぴかぴか(新しい)」と酔える名盤でございますバー

↓ クリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

↓ クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ 今日聴いた曲へ
にほんブログ村
posted by Friends. at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケル・フランクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。